ニキビ跡消す為に知っておきたいニキビの基礎知識

誰もが一度は経験した事があるのではないでしょうか。 特に思春期ニキビは、ほとんどの人が出来た事があるかと思います。 そこで今回は、ニキビの基礎知識をお話します。

ニキビの語源は、熟したキビの実は、実の先端が赤くなる状態がニキビと似ており赤土の赤色をさす“丹(に)”と、キビがくっついて、ニキビと呼ばれるようになったそうです。ただ、その説は様々あり、どれが一体正確なものなのかは、現在でも明らかにされていません。
http://www.nikibiato-kesu-keshousui.com/kesu/

最近では、ニキビの事をアクネと言う呼び方もしますね。ニキビが出来るピークの時期は、男女ともに10代から20代にかけてだそうです。主に、皮脂腺がたくさん出やすい顔や頭皮、さらには胸や背中などにもよく見られます。

しかし最近では、大人になっても、ニキビに悩まされ続けているような女性が増加傾向にあるようです。そのような、思春期以降に出来るニキビの事を、大人ニキビと言います。
Dove

皮脂量はあまり多くなくても、学生時代の頃よりかは、明らかに何か違和感のあるニキビが出来やすくなります。医学的には、尋常性ざ瘡と呼ばれている症状と同様のものです。それらの異なる点としては、ニキビが出来る原因にあります。

10代の思春期の頃に出来る思春期ニキビに関しては成長期に伴って増える、過剰な皮脂分泌が最大の要因です。ですが、大人ニキビに関しては、その原因も様々あります。生活リズムの乱れや、精神的なストレス、誤ったスキンケア、肌に合わない化粧品類、ホルモンバランスの関係など、その人によって原因が異なります。

よって、大人ニキビに悩む女性に、“○○の方法が効果的!”と言うものも自分にとっては効果的ではないと言う場合も、当然あるのです。それに、成人女性は、思春期の頃に比べて、新陳代謝も低下しているのでニキビ痕が出来やすい傾向にあり、そのニキビ痕に悩んでいる女性は、大人ニキビに頭を抱える女性と同様に、たくさんいるのです。

大人ニキビを改善する方法を話し合う場合は、同時にニキビ痕の改善方法についても 意見を出し合っていく方が良いと思います。

白ニキビの段階でニキビを治す方法

ニキビといえば赤くて目立つものですが、初期の段階で治すことができれば肌荒れに繋がってしまうこともありません。そこで、白ニキビと呼ばれる段階で完治するにはどうすればいいのかについてご紹介しましょう。

この段階ではまだ炎症を起こしてしないので、ここで食い止めることができれば肌へのダメージも小さくて済みます。

毛穴ケアを行うことが重要なので、普段のスキンケアに加えて毛穴ケアも取り入れるといいですね。

まず、蒸しタオルを使った方法がおすすめです。 濡らしてから硬めに絞ってレンジで1分ほどチンしたタオルを使います。 タオルを広げて軽く冷ましたら顔に乗せてしばらく待ちましょう。 そうすると毛穴が開くので、毛穴の奥に詰まった汚れも取り除きやすくなるのです。

毎日続けるのは面倒だという人も、一日おきや、週に数回という形で続けてみてはどうでしょうか。白ニキビを見つけたらしばらくは洗顔前の蒸しタオルを継続してみてください。

また、シャワーのみで済ませていた人はゆっくり湯船に入ることをおすすめします。 ただ入浴するだけでもいいのですが、毛穴を更に開くために顔にラップをあてるというのも効果的です。

半身浴なども効果があるので、お風呂の時間を長めに取って毛穴対策をしてみてくださいね。 お風呂から上がったあとに化粧水や美容液を塗るという人が多いとは思いますが、おすすめなのは洗顔後すぐに化粧水を塗るという方法です。

美容液の成分なども洗顔後すぐにつけたほうが染み込みやすくなっているので、お風呂に持ち込むのがおすすめです。体が温まると毛穴も開きます。 このタイミングで美容液などを塗ると、肌の奥にまで成分を届けることができるのです。

そしてできることならばこれらのことを日課にしてみてはどうでしょうか。 ニキビができやすい体質の人は、毎日毛穴ケアを取り入れていくことが重要です。 目立つニキビができてしまってから対策をとっても間に合わないこともあるので、普段から簡単にでいる毛穴ケアを取り入れるといいですね。

お酒とニキビの関係

お酒を飲みすぎるとニキビができると感じている人も多いようです。果たして実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言ってしまえば、お酒がニキビの原因になってしまうことは十分に考えられます。 理由はいくつかあるのですが、まずアルコールには血行を促進する作用があるということ。

お酒を飲むと体がぽかぽかするという人も多いですが、これは血行が促進しているために起きる現象です。これにより毛穴が炎症を起こしやすくなり、ニキビに繋がってしまうことがあります。

それから、アルコールは毎日飲むのではなく休肝日を作ったほうがいいと言われますよね。 その理由として挙げられるのは、アルコールを飲みすぎると肝機能が低下し、アルコールの分解が追い付かなくなってしまうことがあるからです。

すると分解が追い付かなかったものが毒素となり、体内に蓄積されてしまうことになります。 ニキビは毒素や老廃物が溜まった際に現れやすいという特徴を持っているので、肝機能の低下がニキビに繋がってしまうこともあるのです。

また、アルコールが分解されるにはビタミンB群が欠かせません。 ビタミンB群といえば美肌を作るために欠かせない栄養素でもあるのですが、アルコールの分解にビタミンB群が使われてしまうと美肌を作るためのビタミンが足りなくなってしまうことがあります。

お酒が好きな人は無理をしてやめるとストレスに繋がってしまいますが、ニキビのためにも量を抑えるようにしてみてはどうでしょうか。

お酒を飲む場合は、おつまみにも注意したほうがいいです。お酒のおつまみといえば揚げ物など脂質が多いものがたくさんありますが、こういったものは避けましょう。

また、アルコールの分解で消費されるビタミンB群をおつまみで取り入れるのもおすすめです。 枝豆やレバーなどを積極的に食べるよう心がけてみるといいですね。

他には間に水を飲むことも大切です。アルコールには利尿作用があるため、お酒のみを飲んでしまうと体内の水分が失われ、肌が乾燥してしまいます。飲みすぎ防止にも繋がるので、お酒と同じくらいの水を飲むように心がけましょう。

デコルテニキビの対策

ニキビができる場所といえば、皮脂が多いところです。顔はもちろんのこと、デコルテにできてしまうこともありますよね。デコルテにニキビができてしまうと、胸元があいた服を着ることをためらってしまうでしょう。

デコルテにできたニキビは、下着や服と密着しているため、擦れて悪化してしまうことも珍しくありません。また、数個まとまってできてしまうこともあるので、適切な対処をして早めに治しましょう。

まず、下着や肌着について考えることが大切です。特に機能性下着と呼ばれるものを好んで着ている人は、注意する必要があります。保温効果がある機能性下着の中には肌の水分を奪ってしまうものがあるのです。

そういったものを長く着ていると肌は乾燥してしまうわけですが、ニキビ予防の基本とも言えるのが保水と保湿。つまり、肌が乾燥するとニキビができやすくなってしまいます。絹やシルクといった天然素材のものを選ぶだけでもデコルテニキビの発生率が変わってくるでしょう。

また、夏場になるとデコルテにニキビができやすくなるという方は、胸元に汗をかくことが原因かもしれません。そういった方におすすめしたいのが、胸元の汗を吸収してくれる汗取りパッドです。

デザインがかわいらしく、見えてしまっても問題ないような商品も販売されているので、胸元の汗が気になる方は利用してみてはどうでしょうか。

こういったものを使わないのであれば、こまめに胸元の汗を拭きとることが大切です。汗をかいたままにしていると雑菌が繁殖してしまい、ニキビ以外の肌トラブルに繋がってしまうこともあります。あとはやはり常に胸元を清潔にするように心がけましょう。

体を洗う際にごしごしこする必要はありませんが、たっぷりの泡を乗せて優しく洗って汚れを落とすのがおすすめです。

顔のニキビは念入りにケアをするもののデコルテニキビは気付くのが遅れてしまうという人もいるようなので、自分でニキビができやすい場所を把握し、ニキビらしきものができたらすぐに対処しましょう。

このページの先頭へ